>木村正木 レインボーラインマスタープロジェクト  は詐欺なのか?(レインボーラインシステム オートマティックツール ネットビジネス 情報商材 ネット塾 返金 対応 現状 秘密  詐欺 暴露)

木村正木 レインボーラインマスタープロジェクト は詐欺なのか?(レインボーラインシステム オートマティックツール ネットビジネス 情報商材 ネット塾 返金 対応 現状 秘密 詐欺 暴露)

熊本で震度7の地震がありましたね。

九州に友人がいるので大丈夫かと電話したら、めっちゃぴんぴんしていて安心しました。

こういう大きな災害が起こると、復興関連株が値上がりします。

その中でも九州を地場としている

SYSKEN、西部電工、ヤマックス

等の銘柄は買いだと思います。

九州の復興関連企業の株価が上がれば、

復興という面から九州を盛り上げていくことが出来るので、

そのような支援の仕方もありかもしれません。


一方情報業界でも、詐欺商材がいまだ多く出回っているなど、とても悲しい状況が続いています。

そんな詐欺商材を切って切って切りまくって判決を下したいと思います。

騙されることなく、ともに頑張っていきましょう。


今回、かなり危険度の高そうなオファーが登場したので、レビューをしたいと思います。

今回登場したのが、木村正木さんのレインボーラインマスタープロジェクトというオファーになります。

レインボーマスタープロジェクト

【オファー名】レインボーラインマスタープロジェクト

【販売者】木村 正木

【販売会社】 株式会社OverDimension

【所在地】 〒 160-0022
     東京都新宿区新宿5丁目 18番20号 ルックハイツ新宿803号

【メールアドレス】 kimura@rainbowline.jp

【URL】: http://rainbowline.jp/douga/

【価格】:無料オファー


本オファーはFX情報ツールの案件となっており、

木村正木が提案するレインボーラインシステムとオートマティックツールを

使用することにより、月利40%で利益を増幅させていけると宣伝しています。

早速本案件についてレビューしていきたいと思います。


株式会社OverDimensionについて


まず株式会社OverDimensionについてですが、調べると詐欺商材の宝庫ともいえる会社のようです。

過去に小野里肇さんのバーチャル転売ビジネスダイヤモンドビジネス
http://virtualsale.jp/lp/daiya/

豊田昇さんの秘密の黄金ルート
http://no1solution.info/goldenroot/

といった 全く再現性のないオファーを扱っていたようですね。


そして所在地についてですが、

ルックハイツ新宿は単なるしょぼい1Rのアパートです。

レインボーマスタープロジェクト 木村正木 所在地
億万長者の木村正木という人物が、こんなアパートに事務所を構えてるって怪しいですよね。

おそらく、ほぼ実態のない名義貸しなんでしょうね。

ここにあるのは、

電話等を転送してくれるだけの、仮レンタルオフィス

の可能性が極めて高いです。

怪しさがにじみ出ちゃってます。



木村正木の経歴


まず木村正木という人物から…

木村正木 人物

総額10億円以上の実績
ソファの輸入販売業、広告代理業、
ヨーロッパのガールズシューズブランドの総代理権取得
映像制作会社
CMキャスティング
自社ビル自社スタジオ保有

などなど、動画中にひたすら自慢を並べてますね。

自らの凄さを発信することで自己ブランディングをしていき、

「この人についていけば人生が変わるかも…」と情報弱者達をカモにしていくのが、

この業界の特徴ですので、ベーシックで王道のスタイルをとっています。


ただ、会社名を明かすことはなく、


木村正樹「みなさんが知っている有名な女優さんもキャスティングしています」
眞殿勝年「やばいですね!!それってめっちゃすごいじゃないですか!!!!」



みたいな感じで、木村正木がざっくりしたことを言っては

「人生脚本家」ことインタビュアーの眞殿勝年がオーバーリアクションをするという、

何とも言えぬ空気感で紹介をしています。

木村正木について調べてみましたが、全く会社を経営している形跡がない。

と思ったら偽名を使っているようでした。

本名は「菅原穣(すがわらゆたか)」のようです。

代表取締役が菅原穣(すがわらゆたか)である会社は2社存在し、、

デジメディア株式会社
http://www.digimedia.co.jp/corporate02.html

フリーエージェント株式会社
http://www.freea.co.jp/contents/company.php

です。

合計9社経営していたといっていましたが、そんな経歴は確認できませんし、

このレターの前提条件になっている、

資本金10億円以上の上場企業の証券会社元オーナ兼取締役との情報は全くもって出てきません。


前提崩れてますけど、大丈夫ですかね…



動画の感想


動画を進めていくと、

特にFXに関する特別なノウハウの説明とか、

レインボーラインシステム・オートマティックツールの性能・使い方については詳しく触れず、

中身のない説明や口座公開というパフォーマンスで木村正木という人物の凄さ、

この商材は誰でも簡単に稼げるという安易な発言ばかり。

論理的なお話は全くされていませんでした。

挙句の果てに、

国際特許取得とか声を高らかに発言しています。

国際特許取得ってなんだよ!って思ったんでちょっと調べてみると…


レインボーラインマスタープロジェクト 国際特許
国際特許(こくさいとっきょ)または世界特許(せかいとっきょ)とは、
単一の手続によって取得可能、
かつ、多数の国で有効な特許という仮想的な概念である。
このような特許は現在のところ概念上だけのもので、実際には存在しない。
特許権は国別(一部地域別)の独立した権利であり、
それぞれの国(地域)で権利を主張するためには、
その国(地域)ごとに個別に権利を取得する必要がある。

なお、PCT特許という語も使われるが、
特許協力条約(PCT)は単一の手続で多数の加盟国に出願した効果を得られる制度であって、
その後の特許取得のための手続きは各国別に行う必要がある。
(wikipediaより引用)



という

何ともあいまいな概念をセールストークに使い、情報弱者のユーザの心をひかせる

詐欺的な手法を使っています。


本当に稼げるのか


そもそもFXは大きく分けて2種類のトレードがあります。

・裁量トレード
基礎的な部分からFXをみっちり学び、ロジックなどを見極めて
自分一人でトレーダーとして実践をする方法

・システムトレード
FXの専門的な知識をあまり必要とせず、ツールやシステムに
基づいてトレードを実践する方法。

今回の案件はシステムトレードになるかと思います。

でレインボーラインプロジェクトは

レインボーラインシステムとオートマティックツールなるものを掛け合わせて使っていくことで、

月利40%を出していけるそうです。

レインボーラインシステムとオートマティックツールとは、
レインボーラインシステム
業界トップのプロ中のプロであるトレーダーと
システム利用者のパソコンをリアルタイムで
同期して、全く同じ画面を表示することによって
全く同じトレードを行えてしまうという
革新的であり画期的なもの

オートマティックツール
ある極秘機密の情報を元に木村正木の世界最上流の人脈をフル活用して集めた、
絶対に流出しない裏情報を月6~10回提供。
自動で収益が発生する超一流のシステムエンジニア軍団が長年研究して
完全構築に成功した世界で唯一のシステム。

だそうです。

いろいろ突っ込みどころが満載ですが、

まず月利40%と言い切れる根拠が全く明示されていません。

FXでは月利10%を続けていくだけでもプロの一流トレーダーです。

プロ中のプロのトレーダーでも月利40%をコンスタントに続けていくなど不可能です。

そんなことが出来る人が何人もいたらビルゲイツ並の資産を保有する億万長者トレーダーがゴロゴロ出てくるはずです。

プロ中のプロの情報を画面表示させるといっていますが、そのプロ中のプロが様々な関数、

知識を使いながら状況を見て取引して、月利40%が厳しいものであるのにもかかわらず、

同期された画面を見るだけで初心者が月利40%の利益を得られるでしょうか。

そもそもプロ中のプロって誰だよ。定義はなんだよって話で、説得力がありませんよね。

動画の最後には必ず30万~50万程度の高額塾を購入させられる運命が待っています。


そもそも高額塾を購入して、

さあ始めようという段階になったとき

FXに取り組むにあたって、元金が必要になりますね。

FXにおいては、取引は基本的に100万、数百万の単位になります。

始めるまでに高額塾で、大金を払わされて

いざ始めようとなればさらに大きなお金が必要になってくるわけです。

FXで本気で取引するとなるとレバレッジを大きな倍数にして取引をすることになると思いますが、

一気に為替変動が起こるとロスカットが正常に作動しない可能性もあります。

投資にはリスクがつきものです。

そこら辺を全く説明せず、「必ず稼げる」「月利40%」「初心者でも簡単」など甘い言葉で

主婦など信じ込みやすい人達を狙っています。

全く信用ならないので、☆1(詐欺商材)判定とさせていただきます。



日ごろから、『なにが真実であり、なにが嘘であるのか。』

を見分ける力をつけていきましょう。


では今回はこの辺で!



10 Responses to “木村正木 レインボーラインマスタープロジェクト は詐欺なのか?(レインボーラインシステム オートマティックツール ネットビジネス 情報商材 ネット塾 返金 対応 現状 秘密 詐欺 暴露)”

  1. 名無し より:

    この人は保険金不正請求にもよるリフォーム詐欺にも加担しているようですよ。
    本物ですね。

    • 闇切りイケジマ君 より:

      >名無しさん
      コメント・情報ありがとうございます。
      このような詐欺師がいるからこの業界の評判が下がってしまって本当に悲しいですよね…
      このような詐欺師を野放しにしないようどんどん情報提供していきたいと思います!

  2. あかね67 より:

    たまたま 気になりました。

    うまい話はないですね。

    • 闇切りイケジマ君 より:

      >あかね67さん
      コメントありがとうございます。
      うまい話はなかなかないですよね!
      本当に稼げる・勉強になるノウハウも存在するのは事実ですが、このような詐欺師のせいで埋もれてしまいます。
      調べずに購入してしまって、泣き寝入りだけはしないようにしていきましょう。

  3. 名無しさん より:

    当初私も興味もっていたのですが、自社ビルの中に有ると言ったスタジオは、菅原氏代表のデジメディア社のものですね(HP見れば確認できます)。ただしデジメディア社は2012年以降HPの更新無し。
    そして、トレーディングルームと称する殺風景な小会議室にはガックリ。アルバイトの方が何名かがテーブルに置かれたノートパソコンに向かっているだけ・・。これを見て「優秀なトレーダーが・・」なんて全く見えません・・。
    あと、動画に出てきた特許名を特許庁のリストで検索しましたが、該当らしいものを見つけることは出来ませんでした。

    • 闇切りイケジマ君 より:

      >名無しさん
      コメント・情報ありがとうございます!!
      やはり、木村氏=菅原氏で偽名を使っているのは間違いないようですね。
      体験者の声も、中年女性や、中年男性を起用し情報リテラシーがあまりない層をターゲットとしているのが見え見えですよね。
      このような商材はターゲット選定が非常に大切ですが、うまく動画を使いターゲット層に効果的な販促を行っているといえると思います。
      あの会議室のあの光景…うさん臭さしかないですよね。
      最終話のレターに国際特許(笑)の受領書類が記載されていますが、受領書ってそもそも出願したときにオンラインで返送されるものであって、取得した証明にはなってないんですよね。
      しかも、モザイクをかけていますし、もうひどいです。
      これに騙される人の将来が心配ですね。。。

      ぜひ今後も情報があればコメントよろしくお願いいたします。

  4. ゆたか より:

    自社ビルはうそ。
    デベンツもうそ。
    9社運営もうそ。
    うそのオンパレード

    この商材も1000%pうそでしょう。
    すがちゃんみんな知ってるよ。

  5. タケウチ より:


    5万円の分割で購入し最初の5万円は払いましたが銀行振込なので詐欺だったらそのまま払わなければいいだけか悩んでます

  6. SFDK より:


    私も利益保証につられて、入会してしまいました。



    実際はいろいろ、嘘だらけです。



    被害者の仲間を見つけて、返金訴訟したいですが、どうやって見つけたらいいか分かりません。。



    また、「まもなく募集締め切り」のメールに引っかかって入会したのですが、その後も募集されています。そのメールがあれば、証拠になるのですが、どうやら消去したみたいで。。



     



     



     

  7. アンディ より:


    参加してしまいました。投入金額は下回らないですが(下回ると返金対象に成るためぎりぎりで運営している)ほとんど利益が有りません。事務局も費用回収するだけの組織、サポートセンターもほとんど返信して来ません。



    皆様詐欺ですから参加しない様にして下さい!



    対応がやくざの様な対応です。騙されないで!

あかね67 にコメントする

サブコンテンツ

管理人 闇切イケジマ君


闇切イケジマ君のプロフィール

【名前】
 闇切イケジマ君

【趣味】
 フットサル、バスケ
【所在地】
 東京

【mail】
ikejimakun.affiliate@gmail.com

質問や相談、何でも気軽に
ご相談ください!

このページの先頭へ