>【株記事】秋元康とブランジスタの「神の手」、6/18遂にリリースしたものの評判はイマイチ。

【株記事】秋元康とブランジスタの「神の手」、6/18遂にリリースしたものの評判はイマイチ。

株のトレーダー界隈で非常に有名な

ブランジスタの神の手が6/18に遂にリリースされました。

どんなものかと個人的にはすごく楽しみにしていましたよ。

なんせブランジスタといえば、

「秋元康が総合プロデューサーである「神の手」をリリースする」

という内容のみの具体的な情報がない中で、

3/1には1500円程度であった株価が、思惑で暴騰し、

5/16には15850円と10倍となった銘柄
でしたからね。

売買代金もトヨタ自動車を抜くなど、非常に人気株です。



しかも5/16には、14時までストップ高(15850)で張り付いていたところから

14時過ぎに一気にストップ安(9850)へ大暴落したという

株式市場でまれにみる大珍事を起こした銘柄としても有名ですよね。



あの日僕は、親会社のネクシーズとともに株を保有していましたが、

ネクシーズも同様の値動きで、本当に呆然としました。

(個人としては逆指値を入れていたので、

12000円ほどで売ることが出来、利益を得ましたが…)

その後、株価はじりじり下がっていき、5000円を割りましたが、

5/27に機関投資家向け説明会を行い、再度暴騰しました。



機関投資家向けで発表された内容を簡単にまとめると以下


・神の手はスマホクレーンゲームアプリ

・取った景品は自宅に届く

・目玉商品の第一弾として場空缶

・場空缶とはAKB総選挙会場の空気を詰め込んだ缶

・場空缶には総選挙の生写真と1/10の確率で直筆メッセージ入り

・課金率100%の有料モデルとCM動画視聴で無料プレイが出来る広告モデル

・未来展望として年間売上1200億円が見込めるコンテンツ


年間売上1200億円が今後見込めると発言したことはかなりの衝撃でした。

自信が伺える内容であったため、材料出尽くしの売りが発生するとの

大方の予想を裏切り、暴騰しました。


その後はもみ合いながら6000円程度に落ち着き

そして遂に6/18に神の手がリリースされました。


このアプリ…本当に大丈夫?


6/18にリリースされたんで自分もやりましたよ。

個人的な感想は、


「え、グラフィックひどい。取れたときよくわからないところ掴んでるし…」

って感じでした。

正直言って微妙でした。かなり。

以下のまとめサイトにはかなりの酷評がまとめられています。

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65863545.html


酷評をまとめると以下

①グラフィックがやばい





②場空缶の空気は当日のメンバーの緊張感を詰めるという話だったが、バイトがせっせと詰めている。